占いって結局「バーナム効果」なの?よく当たる占い師って本当はいない?

占いコラム

「占い師はバーナム効果で自分のことのように錯覚させているだけ」という事を聞いたことはありませんか?

バーナム効果は「誰にでも当てはまるあいまいな意味を、自分にだけ当てはまると思い込んでしまう心理効果」のことをいいます。

けれど…

「あの占い師ってよく当たるよね」「なんで私のこと、そんなにわかるの?」というように、まるで過去の自分をずっと見てきたような言葉をかけてくれる占い師がいますよね。

また、未来についても、予知能力があるのではないかと信じてしまうほどの予言をする占い師もいます。

占い師は本当に「視えている」のでしょうか。それとも、バーナム効果なのでしょうか。

ぽんちゃん
ぽんちゃん

今回は、「バーナム効果ってなに?」「占い師はバーナム効果を使っているだけ?」という疑問を解決していきたいと思います。

スポンサーリンク

バーナム効果ってなに?

バーナム効果とは、前述のとおり「誰にでも当てはまる一般的であいまいな意味を、自分にだけ当てはまると思い込んでしまう心理効果」のことをいいます。

たとえば、占いで「あなたはとてもさみしがり屋な一面がありますね」と言われるとどうでしょうか。

誰にでも当てはまりそうな言葉ですよね。

他にも、「あなたには短所がありますが、それを克服しようとしていませんか?」という言葉をかけてもらった場合、「なんでわかるんだろう」と不思議に思うのではないでしょうか。

こうした言葉をかけられると、「この占い師は当たる」「自分のことを言い当てている」と思うのです。これがバーナム効果です。

スポンサーリンク

占い師はバーナム効果を使っているだけ?

人は年齢に応じた悩みがあります。たとえば、10代は学校や進学の悩み、20代は恋愛や仕事の悩み、50代は健康や親の介護など…。

こうした年代に応じた悩みに当てはまるよう相談者に質問を投げかければ、「なんでわかるの?」と驚き、その占い師のいうことはすべて信じてしまう傾向にあります。

また、占いは大勢に向けて鑑定をおこなうのではなく、個人に向けた内容なので信じやすくなるといったことも分かっています。

そのうえ、「鑑定歴ウン十年、これまで何千人もの悩みを解決してきた」と言われると、「そんなすごい占い師の鑑定なら当たるはず」と思い込んでしまいます。

では、すべての占い師がこのバーナム効果を使っているのでしょうか。だとすると、ただ心理学を使っただけのお悩み相談室になってしまいますよね。

正直なところ、残念ながらなかには、バーナム効果を使って当たり障りのないことしかいわない占い師もいます。

けれど、活躍している、または人気占い師のほとんどは鑑定結果の意味を正しく伝えますし、霊感のある占い師はあなたの過去や未来を見てきたからこそ伝えられることがあるのです。

占いは決してバーナム効果だけで片付けられるものではありません。

その証拠に、筆者は電話占いの鑑定中に、まだ話してもいない職業や悩みをピンポイントで当てられましたから…。

あなたにしか当てはまらないことを言う占い師がほとんどですので、安心して鑑定を受けてみて欲しいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回はバーナム効果と占いとの関係についてまとめてみました。

バーナム効果は一般的なことを、さも自分のことのように思わせる心理学ですが、占いにはそれだけでは片づけられないこともあるのも事実です。

信じるか信じないかはあなた次第ですが、偽占い師に引っかからないようにするためにも、バーナム効果というものがあるのだということをぜひ知っておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました